お客様に信頼してもらったうえで施術をしたいなら鍼灸師の資格を取ってスキルを証明しよう

Menu

選択する方法

鍼

養成機関には色々な種類があります

言語聴覚士とは、生まれつきや病気の後遺症などの影響で、上手に声が出せない、言葉を話せない、耳が聞こえないなどの障がいがある人を助ける専門家です。そのため、言語聴覚士は発生の発音の訓練や検査をしたり、アドバイスや指導をしたりして、障がいがある人が言葉を話せるように手助けします。言語聴覚士は専門的な知識や技術だけではなく、うまく話すことができない患者のもどかしさを理解して、表現したいことをくみ取ってあげる力も必要とします。ところで言語聴覚士は国家資格であるため、国家試験に合格して免許を取得しなければ、その仕事に就くことはできません。国家試験を受験するためには、言語聴覚士を養成する学校で学ぶか、大学で指定科目を学ばなければなりません。養成する学校には、専門学校や短期大学などがあります。専門学校や短期大学の場合、最低でも3年以上学んで所定の単位を修めなければなりません。一方大学の場合、4年間通う必要があります。もし少しでも早く社会に出て言語聴覚士として活躍したいならば、専門学校や短期大学で学ぶと良いです。一方で幅広い専門知識と豊富な実習経験を積んでおきたいならば、4年制の大学が候補になるでしょう。また、言語聴覚士の養成課程がない大学を出た場合、指定された大学或いは大学院の専攻科で2年以上学ぶ必要があります。全国各地には言語聴覚士を目指せる学校がたくさんあるので、自分の目的に合ったところを選びましょう。

Copyright© 2019 お客様に信頼してもらったうえで施術をしたいなら鍼灸師の資格を取ってスキルを証明しよう All Rights Reserved.